薬が手放せない頭痛

  • HOME »
  • 薬が手放せない頭痛

頭痛 唐仁原治療院の考え方

薬が手放せない頭痛頭痛でお悩みの方は年々増えています。病院でも頭痛外来は予約で一杯らしいですからね。(さいたま市にあります唐仁原治療院にも多くの患者さんが来られています。)

病院で検査をしてもらった結果「異常なし」

脳に問題がなくてよかったじゃないですか。

でも、頭痛は続いている・・・・お薬が手放せない状態・・・。

いつどのような頭痛になりますか?
  • 気圧が下がると頭痛がする
  • 肩こりがひどくなると頭痛がする
  • 朝、目が覚めたときから頭痛がする
  • 朝は大丈夫だけど夕方になると頭痛がする
  • パソコン・スマホをしすぎると頭痛がする
  • 目の奥から頭の後ろの方にかけて頭痛がする
  • 左右どちらか片側だけ頭痛がする
  • 頭痛から吐き気まで催す

日常的に頭痛に悩まされている方が、マッサージ・もみほぐしなどで改善することは残念ながらありません。一時的に血行がよくなりスッキリしたと感じただけで、すぐ元に戻ってしまいます。

頭痛を引き起こす原因の火種は、まだくすぶっている状態ということですね。

頭痛の原因は体の歪みにもあります

「体の歪み」と言ってもピンと来ないかもしれませんが、どなたでも注意深く観察すれば体は歪んでいます。

今まで整体を含め医療機関にかかっていたら、頚椎(首の骨)が曲がっている・頚椎が真っ直ぐすぎてストレートネック・肩から首にかけての筋肉が緊張している(こっている)・頭蓋骨や骨盤がずれている。と原因を説明されたことはありませんか?

しかし、それらは原因の一部にしか過ぎません。

そもそも、どうして骨が曲がったりずれたりしてしまったのでしょうか?

原因を掘り下げていきますと、からだ全体のバランスが少しずつ悪くなり、歪んだ体がますます歪み、骨格にずれが生じ、それに引っ張られた筋肉がコリへと硬くなってしまった。となります。

順番にすると

  1. 日常の姿勢で体が歪む
  2. 体のバランスがくずれる
  3. 骨がずれ、関節が硬くなり、筋肉にハリとコリを感じる
  4. 違和感を感じますが、ごまかしながら体を酷使してますます歪む
  5. 頭痛になりやすい体の歪み方になる

はじめは少しの歪みだったはずが、時間の経過と生活習慣での悪い癖で頭痛の原因となる歪んだ体になってしまった。ということになります。

歪んだままの状態で生活していると、血液の循環も悪くなります。特に首・肩周辺の筋肉が硬くなれば頭痛やめまいも起こりやすいです。

唐仁原治療院の手技治療で体の歪みを整えます

「手技」とだけで呼ばれる高度な治療系整体法で、体の歪みを整えて呼吸をしやすい体に戻していきます。

「戻していく」というのがポイントでして、矯正整体のような力を入れることをしないソフトな刺激で、健康だった状態のお体に近づけていきます。

皆さんそれぞれ違ったゆがみ方をしていますので、その歪みに合う技を組み合わせながら整えます。

「それで何回で良くなるの?」が気になりますよね。
慢性的な頭痛が何年も続いている方の場合は1週間に1回来院してもらいますが、多くの方は3回~6回の施術で「だいぶ楽になった」と喜ばれております。そのあとも、2週に1回~月に1回のペースで「からだのメンテナンス」として通われています。
今の施術で思うように結果の出ていない方は、さいたま市の唐仁原治療院の手技治療を受けて見てください。

さいたま市で整体なら大宮の「唐仁原治療院」ご予約はお電話でお願いします(当日予約も可) TEL 048-631-1717 (予約制) 【電話受付時間】9:00~20:00(平日)~18:00(土曜)【休診日】日・木(たまに祝日診療しています)

PAGETOP