背骨のS字カーブの重要性

  • HOME »
  • 背骨のS字カーブの重要性

椎間板ヘルニアぎっくり腰、慢性的な腰痛の要因は様々ですが、背骨の歪みが原因となっている場合も多々あります。背骨は、体のバランスを取るために生理的な湾曲(S字カーブ)を描いています。
このS字カーブが崩れているとこりや不調を招いてしまいます。

S字カーブの働き

背骨のS字カーブの重要性

そもそも背骨のS字カーブは、二足歩行で生活を営む人間の体を支えるためにつくられたものです。
背骨は、約5kgもの重量がある頭を支えて、歩くときや走るときの衝撃を吸収し分散するクッションのような役割を担っています。いくつもの骨で緩やかなカーブを描いていることで、垂直にかかる重力を一点だけに集中させるのではなく、分散して衝撃を抑えているのです。

上半身は、背骨だけでなく背筋・腹筋の筋力によっても支えられていますので、運動不足による筋力の低下や長時間同じ姿勢を続けるなどの影響により負担が大きくなり、背骨が真っ直ぐになったりカーブが強くなるなどの歪みが生じるのです。

背骨の歪みは腰痛を引き起こす

S字カーブが曲がりすぎている場合には、お腹がポッコリと突き出たり猫背などの姿勢の悪さによって見分けられるのですが、真っ直ぐになっている場合には一見姿勢が良く見えるので、背骨の歪みに気づかない方もいらっしゃいます。しかし、背骨が真っ直ぐな状態だとクッション機能が上手く働かないので体に負担をかけすぎてしまいます。

どちらにしても本来あるべきS字カーブに歪みが生じている状態ですので、無理な姿勢を続けることになり様々な部位に不調が現れます。背骨の歪みを補うために骨格の変形や筋肉疲労、血行不良などが起こり、結果的に辛い腰痛を引き起こすのです。

腰痛に悩まされないためには

辛い痛みを軽減するためには、ただ腰痛治療を行えば良いというわけではありません。痛みの根本原因である背骨のS字カーブを整えない限りは何度も繰り返してしまいます。日頃から正しい姿勢を意識する、座るときにはクッションなどを背中に挟むなどを心がけてください。セルフケアと併せて腰痛治療を行っていくのがおすすめです。

埼玉県でやさしい手技によって体の歪みを整えたいとお考えの方は、唐仁原治療院へお越しください。国家資格を持った治療師によって体の歪みを整えてメンテナンスを行いますので、他の整体院などで腰痛治療を受けても改善が見られなかったという方にも納得していただけます。

さいたま市で整体なら大宮の「唐仁原治療院」ご予約はお電話でお願いします(当日予約も可) TEL 048-631-1717 (予約制) 【電話受付時間】9:00~20:00(平日)~18:00(土曜)【休診日】日・木(たまに祝日診療しています)

PAGETOP