産後の骨盤矯正→産前・産後の骨盤調整

産後の骨盤矯正」はどこの治療院・整体院さんでもアピールしていますが、さいたま市にある唐仁原治療院では産前からの「骨盤調整」でアピールしています。

女性にとっては、特に悩みを解消したい症状ですからね。

でも、この「産後の骨盤矯正」「産後の骨盤の歪み」よりも『産前の骨盤調整』のほうが重要なことを、ご本人はもちろん治療する整体師すら知らないのが現実です。

産前の骨盤調整をすすめる理由

妊娠されて少しずつお腹が大きくなってくると、多くの妊婦さんが抱える悩みとして腰痛・肩こり・むくみなどが挙がりますが、骨盤が歪んでいると恥骨の辺りにも激痛に襲われる場合もあります。

ほんとうに痛いらしくて、普通に歩くことが出来なくなるようですね。当院にも痛々しい表情で来られる方もいました。

「妊娠○ヶ月なんですが診てもらえますか?」なんて相談もよく受けますが、ご安心ください。

うつ伏せにもしなければ、グイグイ押したり揉んだりもしませんし、もちろんボキボキなんてことをしないでも、体の歪みも骨盤の歪みも整えられますから。

むしろ、マッサージやカイロなどでもみほぐしたりしていると、気付かないうちに歪みやズレが拡がり、肝心の出産時に難産になる場合もありますし、その後の回復経過もおそくなってしまいます。

骨盤が歪んでいると逆子にもなりやすいですからね。

産後の骨盤矯正

出産時に開いた骨盤が時間とともに閉じていく過程で、歪みながら閉じていくと

  • 下半身太り
  • 腰痛・股関節痛
  • 尿漏れ
  • 冷え・疲れ

などの不調の原因にもなってしまう事は、経験上ご存知かと思います。

ただでさえ育児で大変なのに、ご自身の体はほったらかしにして家事もこなしながらの生活を続けていれば、仕方のないことですね。疲れきった体にさらにムチ打って無理を重ねると症状の悪化だけでなく自律神経まで乱れてしまいますから、骨盤のゆがみだけでなく体のゆがみも整えて休む時間も必要です。

それと、骨盤矯正のページに詳しく書いたのですが。当院では「骨盤矯正」の矯正というやり方には否定的です。

骨盤の歪みだけを矯正する施術では、仮に骨盤だけが整ったとしても、そのひずみとして別の場所に歪みが発生してしまいやすいからです。

骨盤という体の一部分だけを矯正して整えても、他の場所が歪んでしまったら意味無いですよね?

体は骨・筋肉・神経・関節と連動して動いているわけですから、一部分だけを整える施術の仕方で、からだ全体が整うことはありません。

矯正という体にとって負担の大きい強引な整え方をされるよりも、体全体のバランスを整える調整で骨盤も整えておいた方が治療効果が持ちます。